Toyama Jazz Chorus
xRWYR[X

It had to be you

1924年に作曲アイシャム・ジョーンズ、作詞ガス・カーン。サム・レーニン・オーケストラによりレコード化されました。 「欠点だらけの君だけど、そんな君だからこそ僕は好きでたまら ない」と愛する気持ちを素直に歌っています。1989 年のメグ・ライアン主演の映画『恋人たちの予感』でシナトラの歌により印象的に使われました。

それは君だったんだ それが君だったんだ
ずっとさまよって そしてついに見つけた 探していた人を
僕を目覚めさせ そして切なくもさせる
喜びでもあり 悲しみでもある 君のことを考えるのは

Copyright (C) 2010-2014 Toyama Jazz Chorus
All Rights Reserved.